国産甲虫標本写真館

クロシデムシ

Oiceoptoma subrufum

戻る

千葉県産

分布:北海道、本州、佐渡、四国、九州、対馬、屋久島。。

体長:25〜40mm

生態:国産のシデムシの最大種。平地から山地の林床に生息する。比較的自然が豊かでシカやイノシシなどの大型哺乳類が多い地域に多い。近年ではシカやイノシシが平野の人家近くまで進出しているため、里山的な環境でも普通に見られるようになった地域が多い。
 他のシデムシ同様、肉食性で動物の死体に集まる。灯火にも飛来する。死体の肉を土に埋め産卵し、幼虫はその死肉を食べて育つ。大型種だが他の肉食性の昆虫同様、幼虫期間はきわめて短い。