国産オトシブミ標本写真館

ファウストハマキチョッキリ
Byctiscus (Byctiscus) fausti

戻る


分布:
本州,四国,九州

ホスト:イロハカエデ,ウリカエデ,サクラ,コナラ,ミズナラ,ブナ,シデ,ミズメ,エビヅル,マンサク

体長:3.0〜5.0mm

生態:年1回、春に出現する。揺籃を作る。早春から現れ様々な葉を巻く。揺籃は他種と比べてかなり小さく細い。揺籃に複数個産卵する。幼虫は土中で夏を越し秋に蛹化羽化する。
 背面は光沢の強い濃赤紫色、腹部は濃紺色。色彩はイタヤハマキチョッキリににるが,上翅がなめらかで光沢が強い。
東京都産