国産クワガタ標本写真館

ヨナグニマルバネクワガタ 

Neolucanus insulicola donan 

戻る

 
与那国島産


分布:与那国島

生態:9〜10月に出現する。発生初期は発生木の周辺にいるが、しばらくたつと雌や産卵場所を探して歩き回る。飛翔はできるが、あまり飛ばないようだ。

 マルバネクワガタの仲間で、与那国島に分布する。晩夏に活動を開始する変わったクワガタだ。夜間に活動し、日中は樹皮の隙間や朽木の下などに隠れている。小さな島のため樹林の減少とともに個体数が激減している。国内に生息するクワガタで最も採りにくいクワガタかもしれない。
 幼虫は古木の洞や根元ににたまったフレークなどを食べているが、フレークができる木は大木でないとできない。そのため伐採されてしまうとマルバネは生息できない。
 生息地が狭く個体数も少ないため、生息地を破壊する行為は慎みたい。

 種の保存法「国内希少野生動植物種」によって指定され、2011年4月1日より施行された。これにより生きている個体ついては、捕獲等(捕獲、採取、殺傷、損傷)が原則として禁止、過去に採集された標本についても販売・頒布目的の陳列と、譲渡等(あげる、売る、貸す、もらう、買う、借りる)は原則として禁止されている。採集禁止は当然としても、採集禁止になる前の標本についても、売買、譲渡等が禁止されているので十分注意が必要だ。