国産クワガタ標本写真館

オキナワマルバネクワガタ 

Neolucanus okinawanus Sakaino,1984

戻る

 
沖縄本島産


分布:沖縄本島

生態:9〜10月に出現する。発生初期は発生木の周辺にいるが、しばらくたつと雌や産卵場所を探して歩き回る。飛翔はできるが、あまり飛ばないようだ。

 マルバネクワガタの仲間で、沖縄本島に分布する。晩夏に活動を開始する変わったクワガタだ。夜間に活動し、日中は樹皮の隙間や朽木の下などに隠れている。
 幼虫は古木の洞や根元ににたまったフレークなどを食べているが、フレークができる木は大木でないとできない。そのため伐採されてしまうとマルバネは生息できない。
 オキナワマルバネは発生初期の発生木にいる期間が短く、すぐに木を離れてしまう。地上を歩行している個体が採集されることになるが、確率は宝くじみたいなもの。