国産クワガタ標本写真館

ネブトクワガタ 

Aegus laevicollis subnitidus

戻る

 
左1頭 愛知県産 左から2頭目 和歌山県産 右2頭 埼玉県産


分布:本州(山形県以南)、佐渡島、隠岐諸島、伊豆諸島(八丈島除く)、四国、九州、五島列島、対馬、甑島列島、熊毛諸島(黒島、硫黄島、竹島、馬毛島、口之永良部島、種子島、屋久島)

生態:5〜9月に出現し各種の樹液や熟果に集まる。灯火に飛来することもある。

 東北地方まで分布しているが、個体数が多いのは中部地方以西となる。幼虫は赤枯れの朽木に生息し、羽化後朽木中で交尾産卵を行う。ある程度産卵した個体が、樹液や灯火に飛来する。そのため灯火などで採集した成虫はあまり産卵しない個体が多い。
 大型の個体は少なく、多くは中型以下の個体になる。多産地ではほぼ1年中成虫が見られる。新成虫が羽化するのは初夏が多いが、秋に羽化する地域もある。