国産クワガタ標本写真館

アマミマルバネクワガタ 

Neolucanus protogenetivus protogenetivus Y.Kurosawa,1976

戻る

 
左 徳之島産 右 奄美大島産


分布:奄美大島、徳之島

生態:8〜9月に出現する。発生初期は発生木の周辺にいるが、しばらくたつと雌や産卵場所を探して歩き回る。飛翔はできるが、移動は歩行が主体であまり飛ばない。

 マルバネクワガタの仲間で、奄美大島と徳之島に分布する。他のマルバネクワガタと同様に晩夏に活動を開始する変わったクワガタで、日中は樹皮の隙間や朽木の下などに隠れている。
 国内に分布するマルバネクワガタの仲間では一番北に分布している。そのためか小型の個体がほとんどで、大歯形に相当する個体はまず見ることは出来ない。飼育しても幼虫で死亡する個体が多く、飼育の難易度は高い。