国産コガネムシ標本写真館

ツノコガネ 

Liatongus phanaeoides 

戻る


 
分布:
北海道、本州、四国、九州、佐渡、対馬

生態:6〜10月に出現し各種の獣糞に集まる。山地の牧場や山林内に多く、活動期には獣糞の下に多数の個体が集まっている。

 本州中部では山地の牧場に多い。糞虫類は日陰の獣糞を好む種が多いが、この種は真夏に多く、日向の獣糞に沢山集まっている。
 大型の個体では長くのびた角が格好いい。多数生息している場所では、獣糞をひっくり返すと、いくつもの角が隠れる場所を求めて動き出す。大きな角は糞の中や土中に潜りにくいと思うが、角がここまで大きく発達したのはどんな意味があるのだろうか。

                       長野県産