国産コガネムシ標本写真館

ルリセンチコガネ 

Geotrupes auratus 

戻る

 
分布:紀伊半島南部

生態:6〜9月に出現し各種の獣糞に集まる。山地よりの山林内に多く、活動期には獣糞を探して山林の林床を飛び回る。

 紀伊半島南部に産するオオセンチコガネの型の一つ。三重県、奈良県、和歌山県に分布する。
 紀伊半島南部には広く分布しているようで、各地から記録がある。有名なのは奈良公園だが、奈良の駅近くから春日山の山麓一帯まで広く見られる。個体数も多く鹿の糞の下や、飛翔している個体も多く見られる。日向より日陰の糞に多く、数センチの穴を掘って入っていることも多い。
 青色の個体が多いが、緑がかった個体も多く、色彩は若干の変化がある。なぜ関西だけ青や緑に色が変わるのか不思議な種類だ。

              上段 和歌山県産 下段 奈良県産