国産コガネムシ標本写真館

オオツヤマグソコガネ 

Aphodius rufipes 

戻る

 
分布:本州

生態:夏から秋に現れ、山地の獣糞に集まる。

 本州中部の山地帯に分布する種で、生息範囲は狭いが、生息地の個体数は多い。
 清里近辺は牧場が多く、色々な糞虫が見られる。大型の糞虫はミヤマダイコクコガネが多いが、マグソコガネの中ではこの種が一番多い。真夏から秋に現れる種だが、大型でツヤがあるため、他の種と区別はつきやすい。

                        長野県産