国産コガネムシ標本写真館

オオセンチコガネ 

Geotrupes auratus 

戻る

 
分布:北海道、本州、四国、九州、対馬、屋久島

生態:6〜9月に出現し各種の獣糞に集まる。山地よりの牧場や山林内に多く、活動期には獣糞を探して山林の林床を飛び回る。

 北海道から九州、屋久島まで広く分布する。本州中部では平野部にはほとんど分布しないが、低山地から1,500m程度まで分布している。
 地方により色彩の変異があり、京都近辺の個体群は緑色に、紀伊半島南部は青色に輝く。屋久島産も紀伊半島南部と同様に青色となる。関西で色彩の変異があるが、関西以東と以西の色彩はあまり変わらない。どうして関西で極端な色彩変化があるのかわからないが、緑や青に輝く体は大変きれいだ。
 関西以外に生息するオオセンチは赤紫系統の色が多いが、銅色や黒が強い個体など、若干の変異があるが安定した変異ではない。
 山地の牧場や鹿などが多い山林に決して少ない種類ではないので、獣糞があったら枝などで獣糞をひっくり返してみると見つかることがある。

               上段 長野県産 下段 熊本県産