国産コガネムシ標本写真館

ミヤマダイコクコガネ 

Copris pecuarius 

戻る

 
分布:本州、四国

生態:7〜9月に出現し各種の獣糞に集まる。山地の牧場に多い。

 本州中部では山地の牧場などに生息する。ダイコクコガネより標高が高い地域を好む。
 ダイコクコガネより一回り小ぶりだが、大型の雄では頭の角や前胸背の2対の角は同じように発達する。生態はダイコクコガネと同様で、牛の糞のそばに穴を掘って育児球を作り、幼虫が羽化するまで育児球を守る。
 本州中部の高原地帯にある牧場には普通に見られる場所が多い。夏に糞のそばに穴を掘った跡があれば、穴の中にダイコクコガネの仲間がいることが多い。かなり深く入っている場合もあるが、穴の中のダイコクコガネを探してみるといいだろう。

                        長野県産